CBDと違法大麻(THC)の違いとは?依存性や中毒性は大丈夫なの?

投稿者 :aikawa kentarou on

大麻草は、古代より衣服などの繊維として使用されていたり、園芸に用いられたりしてきました。日本では古くから神具としてなじみの深い植物とされています。

しかし、現在で大麻ときけば、「違法なもの」「危険なもの」というイメージが思い浮かんでしまいます。

大麻取締法などの法律もあり、大麻から抽出され、2020年ごろから海外を中心に健康な成分として注目されているCBD(カンナビジオール)も違法なものではないかと不安に思うかもしれません。

しかし、実際にはCBDは合法です。

一体大麻の何が違法で、何が合法なのか、本記事ではCBDと違法大麻の違いを紹介していきます。

CBDとTHCはどちらも大麻草の成分の一種

CBDは大麻草から抽出される成分の一種であり、大麻草にはおよそ500種類以上の様々な化合物が含まれています。

多くの人がイメージするような、ハイ、幻覚や幻聴、依存性などの効果を引き出すのは同じく大麻草に含まれるTHC(テトラヒドロカンナビノール)ことであり、CBDとは異なる物質です。

日本で違法とされているのは大麻のTHCという成分!CBDは合法!

日本での扱いの違いについて、最もわかりやすいのが、「違法か合法か」ということになります。

大麻取締法では、次のように述べられています。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く。
引用元:大麻取締法

「麻の成熟した茎や種子以外の部位から作られた製品」や「THCが含まれているもの」を、大麻と分類して禁止しているということになります。

そのため、主に、大麻草の茎や種子から抽出される成分であるCBDは日本国内で使用することができます。

▶︎関連記事:CBDは本当に違法じゃないの?日本の法規制について解説!

CBDとTHCの使用効果の違い

この2つは大麻草の主成分とされており、構造が良く似ていますが、僅かに違いがあります。この違いが人体に及ぼす影響に大きな違いを見せています。

簡単に言えば活性化させるか鎮静化させるかという違いが明確です。

もう少し詳しく見ていきましょう。

THCは精神活性効果(ハイ)など

THCは精神活性作用があり、吸引すると「ハイ」になる作用があります。

そのうえ、THCの常用は心臓に負荷がかかったり、認知力や思考力が低下したり、「大麻精神病」と呼ばれる症状に陥ったりするなど、精神や身体に悪影響を及ぼす場合もあります。

脳神経に分布されている受容体と強く結びつくため、精神に強く影響を及ぼす恐れがあり、味覚や聴覚といった五感が鮮明に感じられるようになったり、気分が高まって欲求が増えたりします。行為や経験による刺激に快楽を感じ、その刺激を反復して求めるようになる経路に作用するからです。

劇的な精神作用があるTHCは、日本をはじめ多くの国で規制対象とされています。しかし、人体への良い効果も確認されているため、医療として導入している国もあります。

CBDはリラックス効果や痛みの緩和など

THCに対してCBDは非精神活性作用があるためリラックス効果が期待できます。

CBDは直接脳神経にある受容体に作用するのではなく、機能コントロールの内因性カンナビノイドの活性化に作用するため、生体への影響は間接的なものになっています。

人体におけるほとんどの疾患がカンナビノイドの欠乏の影響を受けているため、その部分に働きかけることによってさまざまな症状を緩和していくことができます。

不安障害、現代病、がん、アトピー、依存症などに効果があることが実際に証明されています。

CBDは日本でも法律的に認められているため、安心して使用することができます。

CBDはWHOでも、日本の法律でも認められた大麻草の成分!

日本での合法化については前述した通りで、世界でもCBDは広く認められています。

WHO(世界保健機関)でも2017年にCBDが病気への症状緩和・軽減を認め、CBD乱用の可能性や個人・公衆衛生面でも問題ないとして認めています。

 

引用元:WHO(世界保健機構)

WHOが認めた結果、各国も次々と規制緩和し、世界にCBDが広まるようになったのです。

その後、CBDに注目する人が増え、市場に流通するようになったため、現在ではCBDは簡単に手に入れられるようになりました。

つまりCBD自体は大麻の1成分であり、危険視されているTHCや大麻そのものではないと言う事です。

世界的にも人気沸騰中のCBDはオイル、クリーム、サプリメントなど様々な形で店頭に並んでいるので気軽なものから試してみるのも良いかもしれません。


この投稿をシェアする



← 投稿順

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on products and special promotions.