CBDグミは違法?合法?日本の法規制の観点から解説!

投稿者 :aikawa kentarou on

お菓子感覚でいつでもどこでも手軽にCBDが取れると話題のCBDグミですが、いざ買おうとした際にそのどぎつい色に、「これ本当に食べて大丈夫なのか?」「これ法にちゃんと触れないのか?」と不安になられた方も多いのではないでしょうか?

本記事では、そんな人を不安にさせる独特の見た目をしたCBDグミが違法なのか、合法なのかについて法的に解説いたします。

CBDグミは違法ではなく合法!

CBDグミは結論から言うと合法です。

そもそもCBDは大麻草の中に含まれる合法な成分の一種であり、様々な健康効果が期待できると近年世界中で注目されています。

CBDの抽出元が大麻ということもあり、「大麻は有害で違法ではないのか?」と思われる方も多くいらっしゃると思います。

しかし、日本において大麻を規制する法律は「大麻取締法」の以下の条文になります。

第一条 この法律で「大麻」とは、大麻草(カンナビス・サティバ・エル)及びその製品をいう。ただし、大麻草の成熟した茎及びその製品(樹脂を除く。)並びに大麻草の種子及びその製品を除く
引用元:大麻取締法

もともと大麻は幻覚や妄想などの身体に及ぶ危険性があります。一方でうつ病・統合失調症・睡眠障害等の改善も期待されるとも言われています。

そこで気になるのは「依存性」です。1964年に大麻から依存性を示す成分がTHC(テトラヒドロカンナビノール)として認識されており、THCを含む成分が違法となります。

▶︎関連記事:CBDは本当に違法じゃないの?日本の法規制について解説!

ただし違法な粗悪品もあるので注意が必要!

通常、大麻草は日本では取り扱えないのでCBD製品のほとんどが海外からの輸入品となります。

ということは、製品の加工等も法規制がない国々で行われていることも念頭に置かなければいけません。

日本と成分表記の基準が違うために「CBDしか含まれていないはずなのにTHCが含まれている」ということも十分考えられます。

CBDグミを安全に楽しむための3つの注意点

CBDを美味しく、そして手軽に摂取できるグミという形は初心者にも非常に向いている製品です。これからも安全で日々継続して摂取できるよう以下の3つの注意点を必ず守りましょう。

▶︎関連記事:CBDアイテムはどこで買える?売っている場所やおすすめの購入方法を徹底解説!

【1】輸入業者がきちんと厚生労働省の許可を得ているかチェックしよう!

CBD製品全体に言えることですが、輸入業者や販売業者が信頼できるかどうかは購入する際に気になるところです。第三者機関による成分分析の結果が表示してあり、なおかつ「大麻に関する法律」や「薬機法」に則っているかも大切です。

CBD製品や原料を輸入する際に必要となる書類が提出されてあり、正規に検疫所や厚生労働省の手続きを経ているかも合わせて確認しましょう。

引用元:厚生労働省地方厚生局麻薬取締部「CBD(カンナビジオール)を含有する製品について」

【2】THCが含まれていないかどうかをチェックしよう!

先述の通り、THCが含まれている製品は依存性があり違法となります。

成分分析に「THCの表記がない」ということではなく、「THCの成分が0%である」という具体的な成分表記を見逃さないようにしましょう。というのも表記がないだけでごく微量のTHCが含まれているということが考えられるからです。

【3】中古品、ネットオークション、フリマサイトでの購入、個人輸入は違法リスクがあるのでやめよう!

CBD製品に限らず、中古品やネットオークション・フリマサイト・個人輸入で購入するものは正規品と比べてトラブルが大きなリスクとして潜んでいます。「頼んだものと違う製品が届いた」「製品は間違いないが非常に悪い状態で届いた」等のトラブルはよく耳にすると思います。

意図せず仮にTHCを含んだ製品を個人で輸入・販売・購入することがあっても違法となります。ですので、中古品やネットオークション等で購入することは絶対にやめましょう。

CBDグミはきちんと国の許可を受けた輸入業者から購入して楽しもう!

本記事では、CBDグミが合法であることを解説してきましたが、購入するところは一番注意しておきましょう。

それでも不安という方は、通販ではなくCBD専門の店舗で店員さんに聞いたり、ドン・キホーテなど一般的な量販店など店舗で買ってみることがおすすめです。

 


この投稿をシェアする



新着順 →

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on products and special promotions.