CBDワックスとは一体何?CBDパウダーやオイルと使い方や効果の出方はどう違う?

投稿者 :aikawa kentarou on

近年日本でも認知や人気が高まりつつあるCBD。

代表的なCBD商品としては「CBDオイル」や「CBDリキッド」などがありますが、その他にも手軽に食べられる「CBDグミ」や、皮膚に塗りつけるCBDクリームなど、実に様々な商品ラインナップがあります。

そんな中、CBDの吸収効率の良さと即効性から人気なのが「CBDワックス」です。

本記事では、CBDワックスが一体どんな商品なのか、特徴や使い方、持続時間や他の商品との違いについて解説していきていきます。

CBDワックスとは一体何?

CBDワックスは、大麻草から抽出されたCBDを凝縮した商品のことを指します。

外見上ははちみつや水飴のような粘度の高さを持っており、商品によって粘度の高さに違いがあります。

抽出されたCBDがそのまま凝縮されているため、CBD濃度が60%~99%と非常に高いのも特徴です。

CBDパウダーやCBDオイルとは何が違うの?

CBDワックスとCBDパウダー、CBDオイル、CBDリキッドの違いは下記の通りです。

ワックス パウダー オイル リキッド
製法 抽出したCBDを凝縮 抽出したCBDを結晶化 抽出したCBDをオイルで希釈 CBDオイルに希釈剤を入れて気化しやすくする
外見 ジェル状 粉末状 液体状 液体状
CBD濃度 高い 高い 低い 低い

 

基本的な違いとしては大麻草から抽出されたCBDがどのように加工されるかに現れています。

CBDを凝縮させ、粘土の高いジェル状にするCBDワックスに対して、結晶化し粉末状にしたものをCBDパウダー、オイルで希釈して液体状にしたものをCBDオイルを呼びます。

CBD濃度については、余分なものが加えられていない分、CBDワックス・CBDパウダーが非常に高い傾向にあります。

CBDワックスを利用するメリットは濃度の高さと効果の高さ!

CBDワックスを利用するメリットは「CBD濃度の高さ」が挙げられます。

90%を超えるようなCBD濃度の商品も数多くあり、一度により多くのCBDを摂取することでより高い効果が期待できます。

今までCBDオイルやCBDリキッドを使っていて「何か物足りないな」と感じている方は、CBDワックスを使ってみるのがおすすめです。

CBDリキッドほど煙たくないのも利用メリットの1つ!

CBDワックスの場合、凝縮した高濃度のCBDをそのまま気化させるため、CBDリキッドほど煙が出ないというのもワックスの利用メリットの1つです。

そのため、煙いのが苦手という人はCBDリキッドではなくCBDワックスの使用がおすすめです。

CBDワックスの使い方はデバイスを使っての吸入摂取が一般的!

CBDワックスの使い方としては、CBDワックス専用のヴェポライザー(VAPE)を使ってワックスを蒸気化したものを吸い込む吸入摂取のが一般的です。

ジェル状のCBDワックスをヴェポライザーにセットするだけで使うことができます。

また、少し特殊ではありますが、お好みのCBDリキッドと混ぜて楽しむといった使い方もあります。

舐めたり、肌に塗ることで摂取することも可能!

CBDワックスは基本的には吸入摂取で蒸気化したCBDを肺から取り込みますが、直接舐めて摂取したり、肌に塗って皮膚から摂取することもできます。(ワックスは経皮摂取や経口摂取用のアイテムのように量が多くないので、一般的ではありませんが)

吸入摂取は効き目が強すぎるという方は、CBDワックスをリキッドに入れて薄めたり、CBDワックスの使用を一旦やめ、CBD濃度が比較的低いCBDオイルやCBDグミなど経口摂取や経皮摂取でCBDを取り入れる方法を利用してみましょう。

CBDワックスの効果の出方や持続時間はどれぐらい?

CBDワックスの効果の出方や持続時間は摂取方法によって異なります。

例えば、基本的な使い方でもある吸入摂取では、肺からCBDを吸収するため、効果が早く現れるという特徴がありますが、その分1〜3時間程度しか効果が持続しません。

口からCBDを取り入れる経口摂取の場合、胃や肝臓といった消化器官から消化・吸収されていくため、吸入摂取よりも効果が効き始めるのは遅くなります。

しかし、経口摂取の場合、吸入より長い時間効果が持続するといわれており、6〜8時間程度CBDの効果を楽しむことができます。

CBDワックスを使うときは、摂取方法ごとの効果の出方や持続時間を意識してみてください。

より高濃度で効率的に効果を感じたいのであればCBDワックスがおすすめ!

CBDワックスは、CBDオイルと比べてCBD濃度が高いため、より高い効果が期待できる商品です。

専用のデバイスを使って蒸気を吸引したり、そのまま舐めたり、肌に塗ったりして摂取できるため、好みに応じて使ってみるといいかもしれません。

日常生活にCBDオイルやCBDリキッドを取り入れている人も多いと思いますが、「効き目が物足りないな」と感じ始めてきたときは、CBDワックスを使ってみてください。


この投稿をシェアする



← 投稿順 新着順 →

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on products and special promotions.