ストレスとカンナビノイド

現代社会に暮らす人々とストレスは切っても切り離せない問題で、私たちにとってストレスは常に身近にあるものです。

ストレスとは一体何なのか、それは自分の心身に負荷を生じさせる外部からの刺激のことを指します。

人間関係、仕事、家族関係の悩みなど、社会生活を送るその最中で、私たちは常にストレスに晒され続けます。
程よいストレスは、適度な緊張感や向上心を生み、むしろストレスのメリットと言えますが、ストレスが過度にかかると心身の健康を害してしまうこともあるのです。

例えば、ストレスによって自律神経のバランスを崩し、不眠や精神疾患の原因になることもあります。 例えば、頭痛や胸の痛み、動悸、腹痛、過食または減食といった症状の原因となることもあります。

そのため、ストレスを多大に長く受け続けることがないよう、ストレスコントロールはきちんとしなくてはいけません。
CBDは、エンドカンナビノイドシステム(ECS)に作用し、ストレスを原因とするあらゆる症状を緩和させると言われています。
エンドカンナビノイドシステム、または内因性カンナビノイドシステムについて、またの機会でお話ししたいと思いますが、ストレス社会を生きる上でCBDの価値を感じてもらえたら幸甚です。

STAY UP TO DATE

Submit your email to get updates on products and special promotions.